生 き 残 る 企 業 💥 新 経 営 戦 略 💥その11

…………………………………
🌋全従業員の創造力を活かせ

🌈企業は人なり、と言われ、トップの資質の向上が強く求められる時代になっていると言える。

🌈50年、100年、150年と永続している企業の多くは、【民主的経営】が敷かれ、半面、倒産、買収された企業の殆どは【独裁的経営】と言ってもよい。
大企業でも50年もたない企業もある。
…………………………………
🌈今、フランスの自動車会社に買収された、日本の自動車会社が、完成検査不法問題で、リコール、製造中止に追い込まれ、経営が懸念され、日本メーカーによる買収の噂が乱舞している。

🌈買収されると買収人員は約15万人。世界最高記録。
経済記者はその情報収集に躍起になっている。
当自動車会社の元役員は、フランスに買収されてから、平役員は上へ物が充分に言えなくなったと不満を話してくれた。
国の破綻、滅亡の歴史は、殆どは独裁政治、強権恐怖政治の末路である。
…………………………………
🌈経営はトップダウン方式か、ボトムアップ方式かは議論になるテーマであるが、社員の教育訓練が行き届いている企業は、ボトムアップ方式が最高である。

🌈組織・団体行動は、制圧主義は破滅する。統合主義でなければならない。

🌈人間は誰でも創造力は無限に持っている。
それが顕在化しているか、潜在化しているだけの違いである。
企業教育の柱は、潜在化している創造的能力を顕在化するのが基本である。

🌈その手法はたくさんあるが、パートタイマー、アルバイトの知恵、意見をも聞き入れた経営戦略が成長戦略である。

上も下も同じ人間である。

💪 4人で大企業を目指せ💪

………………………………
👹国の戦略の1つに『起業化支援』がある。
国力強化には、いろいろな事業の創出が重要である。

(中小企業数は、年々減少し、20年前と比較すると、2割減で300社を切ろうとしている)
………………………………
👹その手段の1つとして、
起業を目指す人に
【企業組合】の設立を奨めたい。

👹【企業組合】は、全国、約4万の組合を主導している、中小企業団体中央会が指導している組合の種類の1つで、現在、全国に約2千組合ある。

👹【企業組合】の特徴は、個人事業者や勤労者が『4人以上』集り、資本と労働を集約し《企業体》となって事業活動を行う組合。
………………………………
👹将来、売上が伸び、拡大したい場合は、株式会社への移行も出来、上場も決して夢ではない。
それまで、前記の中小企業団体中央会の指導を受けながら進めることが出来る。

👹新しい事業を一人で起こすのは、製造、物流、販売、人脈、指導者といろいろな不安がつきまとう。

👹心通う仲間と一致団結の『企業組合』は、中央会の
温かい、親切な指導もあり、設立も簡単に出来、いろいろな特典もある。

💥起業は『企業組合』でスタートするのも大きな選択肢の、1つである。
(設立費用完全無料です)
………………………………
ご相談はお気軽にどうぞ。
参考 keieisogo.com

や さ し い 🎃 集 客 戦 略 🎃その29

…………………………………
《客の進化》
見込み客可能客固定客紹介客

(すべての業種には当てはまらない場合があります)
…………………………………
【客の友は客】…前号から

🚨井戸の水を飲む時は、井戸を掘った人に感謝しよう。(中国の諺)
…………………………………
🐒以前から来ていた固定客が、ある日、友を連れて来た。紹介のためにわざわざ連れて来たのではない。
これはよくあることだ。

🐒その後、その友は、一人でも来るようになり、その店の常連客となり、今度は、その友が新しい友を連れて来るようになる場合がある。
これもよくあることだ。
…………………………………
🐒こうして客が客を呼び、繁盛していく場合もある。
これは店側の何かの努力や工夫もあるが、客の友を単なる友として扱っていないか。

🐒連れて来た客に対し、ただ『ありがとうございます。』だけの儀礼で終わっていないか。
真の感謝表現をしているか。
…………………………………
🐒真の感謝表現は、お金ではない。
金品での感謝表現は、一般のビジネス取引では当たり前であるが、この場合は絶対にそれは避けたがよい。
客とその友の仲を裂く危険もある。

🐒この感謝表現方法を細かく上げると無限にあるので、それぞれで、…金品提供以外の感動を与える感謝表現…を考えてもらいたい。
…………………………………
🚨井戸の水を飲む時は、井戸を掘った人に感謝しよう。(中国の諺)
…………………………………
写真は、片足をなくした一本足の小鳥。
東名高速の日本坂PAの木陰のベンチで休んでいたら近寄ってきた。ずっと側にいて、立ち去りがたかった。

生 き 残 る 企 業  新 経 営 戦 略  その10

…………………………………
🔮 2 つ の 基 本 戦 略 🔮

💥経営戦略を考える場合、一般的に、【人・物・金+情報】という切り口がある。
また、【収益性+永続性】の両面からの責めも重要である。
前号のコンプライアンス(compl
iance)を最高位の使命とし、構築していかなければならない。

💥そして、これらの重要なアクションプランは、

① 新事業・新商品開発
② 新顧客開拓

である。
企業競争は、この2つを主力戦略とし、しのぎを削っている。
…………………………………
💥毎日、AI(下記)の言葉が飛び、これに乗り遅れた企業は取り残される、と言わんばかりに騒いでいる。
これと平行し、新素材・材料の開発も盛んである。それを取り込んだ企業しか前に進めない感じすらする。

💥最先端技術は、日本の大学や企業が公表している研究テーマだけで、約400件ある。
しかし、未公表も含め、世界的には、この10倍、20倍は楽にあると専門家は言う。

💥約400件の一部を覗いて見ると、私の脳細胞では想像も出来ない、理解も出来ない驚くことばかりである。
その一端は、現在、開催中のモーターショーでも知ることが出来る。

💥新顧客開拓は、新事業・新商品開発がないと出来ない。
この2つは切っても切れない間柄である。先端技術でなくても、ローテクでもいい。商品の改革改善は止めてはならない。

💥大企業ですら、現状維持に甘んじた企業は消えている。
人間の創造的脳細胞の力は無限である。
老若男女、学歴にも関係なく
誰でも平等に持っているのが脳の創造機能である。

🚨経営の神様と言われる、KM氏は、
『衆知を活かしなさい』
と言っている。
さあ、全社員の創造力を引き出しましょう。

やれば出来る

💪リスク・マネジメント💪

 

…教育/訓練…
………………………………
すべての事業の教育/訓練の
基本は、2つである。

🍁職能別 教育/訓練

生きるための絶対的な技術技能で、主に先輩が新人に教えるもの。修得させないと事業が成り立たない。

🍁階層別 教育/訓練

企業の使命である『収益性&永続性』を維持、確保し、会社らしい会社にしていくための重要な課題である。
新人からトップまでの『責任権限』の習得である。
手を抜くと成長は止まる。
………………………………
🍁この2つの重要性は、トップ以下、全員が認識し、隅々にわたり、確実なPDCA
を回さなければならない。

🍁『職能別』の実務の教育/訓練を怠ると、ライバルに負け、追い越され、売れるものがなくなり、事業は成り立たなくなる。

🍁『階層別』の教育/訓練は、収益性の向上、永続性の構築を効率的に達成するものである。
『企業力の差』は、この取り組み量の差で決まる。

しかし、階層別教育/訓練の必要性を理解している企業は、まだまだ、少ないと言える。
………………………………
🍁そろそろ新入社員の教育/訓練が終わり、実務に就けている頃と思われる。

🍁教育/訓練は、リスク・マネジメントの最大の課題である。

『人作り』こそ、リスク・マネジメントの根幹と言ってよい。

頑張りましょう

第5回 💪リスク・マネジメント💪

………………………………
…転 職 と 事 業 転 換…
………………………………
💢転職は、生活問題の覚悟が必要である。

💢事業転換は、社員の命運がかかっている。
………………………………
🌄転職相談は、月に数件いただき、当人の意向を確かめ、いろいろな経営者に引合せている。
双方が満足してくれるのは大変うれしいものだ。

🚨転職相談は完全無料です。いつでもお気軽にお申し出ください。
………………………………
🌄事業転換や新規事業支援は、情報確保と、その分析に時間がかかるが、徹底して経営資源を考察すれば、決して難しいことではない。
………………………………
🍁両方には、大きなリスクがつきものであるが、同時に大きなリターンもある。

🍁両方ともハイリスク・ハイリターンの代表選手のようなものである。

🍁人生は一度。
企業は永遠。

と、考えれば、転職、事業転換への挑戦の夢は持ち続けるべきではないか。

人生価値、企業価値を高めよう
やれば出来る

リスク・マネジメント

第4回

………………………………
💥株価は企業の信頼指数

自動車会社の株価ワースト
【10/12現在】

1位 三菱 726円
2位 日産 1007円
3位 日野 1147円
………………………………
4位 マツダ 1286円
5位 ダイハツ 1491円
6位 いすゞ 1660円
………………………………
7位 ホンダ 3092円
8位 スズキ 5908円
9位 トヨタ 6608円
………………………………
💥ワースト上位とトヨタの差は約6倍である。
同じ業種で、このような差がつく原因は何か。
………………………………
💥この差の要因は、購買者の『安心安全度の差』である。
アフターサービスの良さや、IR(下記)、CSR(下記)に取り組む社会的貢献の差とも言える。
………………………………
💥株価低迷は、株主、投資家に著しく影響するだけでなく、従業員離れ、新卒採用の不利にも繋がる。

💥株価は企業価値の大きな物差しであり、これを不正に上げようとする企業もあるが、それらはいずれは消滅していく。
………………………………
《IR》Investor Relations 投資家や消費者等への誠意ある広報活動。
《CSR》Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任。欠陥リコールは企業の自主申告であるが、国交省にリコール勧告されてから、リコールするのは、被害者がたくさん出て、隠しきれなくなったためであり、悪質企業である。
例:リコール届出番号3227

や さ し い ✏ 集 客 戦 略 ✏ その20

…………………………………
見込み客可能客固定客紹介客

(すべての業種に当てはまらない場合があります)
…………………………………
👛ハガキ1枚で売上倍増👛

1枚のハガキが心を繋ぐ
…………………………………
だった1枚のハガキで売上が上がっている店は多い。
ハガキの勧めのビジネス書もあり、ハガキ状になっている書籍も売られている。
それだけ需要があるということでもある。

しかし、官製ハガキで充分である。
春夏秋冬の4回でもよい。
毎日1枚と決めて、毎日出すのもよい。
1年で365枚は出すことになる。
…………………………………
最も重要なことは【必ず手書き】であること。
印刷物は絶対ダメ。冷たい。
…………………………………
💪ポイント💪

個々の客の特長、印象を思い浮かべ、個々に特有の内容、文体表現をすること。
店に来て欲しい日をあらかじめ定め、タイミングよく出すこと。
貴方だけの特別ニュースという印象を与えること。実際、そういうものであること。ウソはダメ。
誰に見られてもよい内容。多くに見せられる方がよい。
文字数は、50文字前後で、簡潔であること。長い文書、小さな文字は読まない、見ない。
…………………………………
🚨上記のことを満足する文章の作成が苦手な方はご相談ください。
🚨ご商売とお悩みをご連絡いただければ、文例を作成し、お送りいたします。
静岡県内はお邪魔しても結構です。(勿論、無料です)
…………………………………
固定客を増やし、紹介客に押し上げましょう
やれば出来る

リスク・マネジメント💪

………………………………
《 転 ば ぬ 先 の 杖 》

🔥現代社会は、おびただしいリスクの中で生きていると言える。
リスク・マネジメントの言葉は、あらゆる面で、洪水のように使われている。

🔥しばらくの間、リスク・マネジメントについて、稚拙な投稿をしてみたい。
共感されるFBFと意見交換や議論が出来ると嬉しい。
………………………………
🔥リスク( Risk)は、いろいろな翻訳があり、中でも『不確実』が多い。
しかし、その他も学術的な訳が多く、理屈っぽくて、一般には馴染みにくい。

🔥マネジメント(Management)もたくさんの訳の仕方があるが、リスク・マネジメントの場合は、親から聞き受けた『備えあれは憂いなし』『転ばぬ先の杖』が分かりやすくないか。企業では『予防処置』でもいいだろう。
………………………………
🔥平たく言えば、
『目的を合理的に達成する管理手段』と言える。
………………………………
🔥先の大型台風は、大きな爪痕を残したが、人的ミスはなかっただろうか。

🔥連日『大型台風!』と溢れる情報が流れていたが、それに対し、どれだけの先手を打っただろうか。
………………………………
🔥リスク・マネジメントという言葉は、約70年前に、アメリカの保険会社の有効的戦術として生まれた。

🔥個人生活、企業活動も
正しいリスク・マネジメントでいきたいものだ。
政治や国際間の課題も…。

や さ し い 👹 集 客 戦 略 👹 その17

…………………………………
🌴客の進化🌴
見込み客可能客固定客紹介客

(業種によって、当てはまらない場合があります)
…………………………………
👺1つのミスでも
会社はつぶれる

🆖今、日産自動車は《検査員不正問題》で国から厳しい罰が課せられ、対象車は販売中止である。
対象は数万台、数十万台とも言われ、その正確な台数すら不明である。
ユーザーには不安が広がっている。
…………………………………
🆖製品は、人間が作っており、不適合品の0は難しい。
従って、不適合品が発生した場合は、迅速適正な処置を怠らなければ、固定客をすべて失うことはない。

🆖今回の《検査不正問題》は
法を破り、ユーザーの目を誤魔化した製造法によるものであり、極めて悪質である。
コスト低減のための故意の仕業と言わざるをいない。
現在、組織犯罪ではないかの疑いもあり、司直が調査中である。

🆖こういう問題は、仮に顧客対処をしても、固定客はどんどん逃げていく。
この種の問題は企業の命取りになる。

🆖実際、日産自動車は、同じような不正問題で経営が窮地になったM自動車を数年前に《買収》している。
非常に皮肉なことである。
買収したM自動車と同じ道をたどるのか。
…………………………………
🆖客は、食品に限らず《安心・安全》を買っている。

🆖購買の最大の目的は、快適な生活の創造、文化的豊かさの追求であるが、そのコアは、《安心・安全》である。
自動車の《安心・安全》は絶対的でなければならない。

🆖客の苦情は、真摯な対応の仕方で、逆に客が感激し、揺るぎない固定客となり、紹介客に発展することも多い。

🆖しかし、今回の日産自動車の《検査不正問題》は、自ら墓穴を掘っているようなもので同情の余地はない。
ただ、関係ない従業員と、協力会社等が可哀想である。