🎉リスク・マネジメント🎉 ……………………………… 🚕第29回 商品開発

🔥製造業に限らず、企業は商品やサービスの新開発を怠ってはならない。

🔥車の場合、1台作るのに数百億円の投資が必要である。
私が、昔々、関わったバイクでも数十億円はかかった。最も大きな投資は、金型と生産設備である。
………………………………
🔥従って、当然『何台以上作り、売らねばならないという損益分岐点台数』が決められる。

🔥投資した以上、欠陥や顧客苦情があっても、それを直しながら、分岐点までは作り続け、売り続けなければならない。
………………………………
🔥某自動車会社の車で、『走行中にアクセル機能が突然、完全不能になり、スピードが急減速する』
という前代未聞の非常に危険な欠陥が発生した。

🔥顧客苦情は100件を越えていたが、その時は、それに目をつむり、そのまま生産販売を続行した。

🔥しかし、国交省の知るところとなり、国交省から厳しい勧告を受け、リコール回収を決定した。
その時は、すでに1432件の
事故被害者が出ている。
………………………………
🔥そのメーカーの技術者の話によると、設計段階で、すでに事故の予測はしていたらしい。
しかし、かなり乗り込んでから(10㎞近く)の発生なので、大きな問題視はしなかったらしい。

🔥結果的には、1432件の被害者が出て、国交省のお叱りを受け、リコールが避けられなかったとのこと。
そして、100億円以上の回収費用となり、今も続いているという。
………………………………
🏆久しぶりに、自動車の最高レースをテレビ観戦し興奮した。(写真)

🏆昔々、バイクレースで、このサーキット(三重県)で、小間使いとして仕事をしたが、ここで得た技術を実用車にどう活かすかが大きな課題だった。

🏆商品開発は、一歩間違えば命取りになるが、避けられない最高のリスク・マネジメントである。

👺リスク・マネジメント👺 ……………………………… 第28回 M&Aと投資か撤退か


………………………………
🚗日産が大揺れしている。
売上、利益共に激減し、他の自動車会社と比較すると深刻な事態と言える。

🚙株価が1000円以下は、日産931円、三菱642円の二社だけである。
トヨタ6602円、スズキ5617円との差は激し過ぎる。
………………………………
🚗ルノーにより救済され、ゴーン氏により立て直しが行われたが、今やゴーン氏の大疑惑で、新トップを誰にするか、ルノーと駆け引きで騒がしい。

🚙しかし、経営数字の下落は、ゴーン氏の責任だけとは言えないだろう。
完成検査不正等、いろいろな欠陥でリコールし、その損失額も大きい。
………………………………
🚗完成検査の機械設備は、老朽化が激しく、その刷新には6年以上かかると言われている。
その費用も膨大である。
それまでの完成検査は大丈夫か。

🚙テレビコマーシャルを見ていると、反省的報道はなく、なりふり構わない、消費者の購買心を異様に煽る感じである。
必死になって売上を狙っていることがわかる。
しかし、アフターサービスは大丈夫か、不安である。

🚗経営が厳しくなると、販売後のサービスが著しく低減する可能性がある。
そして、ユーザーはますます敬遠して行く。
………………………………
🚙M&Aは、生き残りや拡張戦略の切り札でもあるが、その決定は難しい。
ルノーなど【自動車以外の買収先】が現れてもいい時期ではないか。
日本には自動車会社が多すぎる?から、合併がいいかも知れない。

💓このままでは、罪のない社員、協力会社がますます悲劇を被ることになる。
………………………………
M&A:Merger&Acquisition
企業の合併&買収の意。