第16回 リスク・マネジメント

………………………………
ばれなきゃいいか
ほほかぶりしていいか
………………………………
📍リスク・マネジメントの記事を書きはじめてから、すぐに日産のビッグニュースが飛び込んできた。

📍リスク・マネジメントの概念は、昔、保険会社の防衛戦略として、生まれたものであるが、今では多岐に応用され、それを本業とするコンサルタントも多い。
………………………………
📍リスクは、宝物を得るためには、危険にも挑戦するという意味を持つ。

📍日産のゴーン容疑者らは正にそれを承知で、法律を破ったことになる。

📍その回りにいた西川社長、前社長の志賀俊之らは、それを知りながら、長く、知らぬふりしていたことにならないか?
………………………………
📍元警察幹部の話によると、犯罪を犯す人には必ず共犯者や支援者がいるという。
また、知っていても黙ってる人がたくさんいるという。(周辺の聞き込みや参考人聞きとりから)

📍しかし、最高権限者の悪事をバラスのは、かなりの勇気がいる。
出世も地位も捨て、家族も不幸にする覚悟が必要である。
………………………………
📍今まで、ミニ・ゴーンのタイプは、たくさん見聞きしているが、そういう企業はたいてい消えている。
残っていても昔の勢いは失い、成長は止まっている。

📍その原因は、優秀社員、正義感に強い社員がどんどん辞めているからである。
………………………………
👹日産の社員は大丈夫か。
👹企業は人なりである。