生 き 残 る 企 業 … 🚨 新 経 営 戦 略 🚨その29

………………………………………
💥ISO9001と経営管理 ②💥

🎈 経営理念の勉強では、時々、トヨタ自動車の企業理念を引用させていただいている。全方位的視点から、7項目にまとめられている。

🎈 非常に具体的で、分かりやすく、新入社員でも、容易に理解しやすい内容である。
従って、全社員の仕事意識や行動意識が統一され、某自動車会社や他に見られたような不法、不正な行動は発生しにくいと思われる。
………………………………………
🎈 企業活動、組織活動の鉄則は、まず、【理念】ありきである。
部門目標や、個人目標は、すべて、この企業理念との整合性が絶対必要条件である。

🎈 しかし、理念があってもそれが曖昧で抽象的だと、個々の理解が異なり、各部門の事業戦略、アクションプランはバラバラなものになる。
個人目標など何をあげたらよいかわからない。
………………………………………
🎈 経営管理構成の標準的基本は、

理念⇒基本計画⇒部門実行計画⇒個人実行計画…である。

これらの計画は、すべて理念との整合性がなければならない。
それから実行実践である。
………………………………………
🎈 ISO9001は、その仕組み、運営の指針を示したもので、当たり前の事ばかりで、何も難しいものではない。

🎈 つまり、トップが全社員により分かりやすい、より理解しやすい企業理念を示すことが最も重要である。
そこからすべてが始まる。
………………………………………
F B Fのみなさん、頑張りましょう
人生一度。
企業永遠。

💥参考 個人でも自分の理念=信念を持っている人は【強い】ですね。

生 き 残 る 企 業… 👹 新 経 営 戦 略 👹 その28

………………………………………
ISO9001と経営管理①
………………………………………
🌹 ISOの改訂期限が迫っている。
ISOは5年毎に改訂されるが、中でも、認証取得企業が最も多い、ISO9001は、経営管理の基本的な道具で、その維持審査で忙しい。

🌹 私も審査機関からの要請により、知らない会社の審査もしながら、もう一方では、認証支援先の審査の立ち会いもしなければならない。
審査する側になったり、審査される側になったり…。
………………………………………
🌹 世界中がグローバル取引きになり、製品やサービスの管理方式が国際標準に沿わないと、有利なビジネスや経営が出来にくくなっている。それはISOだけではない。

🌹 ISOの語源は、ギリシャ語のIsosイソオスから来たもので、以下に示す英語の頭文字ではない。
Isosは、公平、平等、相等しいという意味があり、世界中が安心、安全な物作りやサービス提供をしようということからISOとなった。
………………………………………
🌹 特に国際取引、大企業や行政との
取引きには、有利な武器であることには間違いない。

💥会社にどんな問題があるか、魚の骨(Fish bone 特性要因図)をしっかり書いて、全員でISOの必要の有無を考えて見るのもいい。

よくわからないところはお気軽にご相談ください。(無料)
………………………………………
ISO International Standardization Organization 国際標準化機構。
本部はスイスのジュネーブにあり、加盟国は夏のオリンピック参加国とほぼ同じである。

もっと日本茶を飲もう❗

………………………………………
🍵『茶歌舞伎』に酔う🍵

🌱龍蕁寺(浜松市引佐)で、浜松茶商組合の第11回目の『茶歌舞伎』=茶銘柄当て大会が行われた。

🌱直虎で全国区になった同寺の格式高い客殿いっぱいに、老若男女が集まって、高級茶5銘柄を飲みながら、どれが何茶?を当てるクイズ。

🌱戦いは、同じお茶で、2回行う。茶通とおぼしき人は、ズバリと当てる。私は、指導に基づき、色、香り、味をポイントに頑張ったが、1つも当てられず、見事に0点。
舌も鼻も機能していなかった。しかし、どれも大変美味しかった(笑)

🌱説明を聞きながらの飲み比べは、精神統一、心の安寧が得られ、爽やかな気分になれる。でも0点。(笑)

🌱茶歌舞伎=茶当てクイズは、もっと広める価値がある。
有名な寺の客殿で行うのも、趣深く
癒し効果も高い。

🌱主催者の浜松茶商組合(理事長 長谷川製茶の社長 長谷川 吉朗 浜北)
の企画も素晴らしい。

🌱参加者は、高齢者が中心であったが若い人も1割はいたようだ。
しかし、男性は2割程度。

🌱今後は、老若男女の一同だけでなく、いろいろな層に分けて、競うのはどうか。
中学生大会とか。高校生大会とか。

🌱日本茶は、和の本流であり、和食の主役の1つである。
『茶歌舞伎』がますます拡充し、茶業が更に栄えていくことを祈りたい。感謝

真の合議はあり得るか? ……………………………… ゴミの処理場建設問題から

…制圧妥協統合…
………………………………
💢公共、公的な構造物施策については、必ず、反対者が表れる。そしてこれを権力で押さえ込もうとすると、暴動すら起こしてしまう。

💢これが民間企業だと、鶴の一声で、みんな静かに従ってしまう場合が多い。
しかし、ネット社会では、某自動車会社の不法検査が暴露されたように、社内から見えない反旗があがり、経営を危うくする場合がある。
………………………………
💢集団や組織活動は、常に課題があり、その解決作業が日々の仕事でもある。
………………………………
💢そうした問題解決には、3つの方法がある。

① 制圧主義🌋

相手にウムを言わせず、権力で指揮するやり方。説明不要。早い。即効性は高い。
しかし、反対者の恨みつらみがつのり、怨念は消えない。

② 妥協主義🌋

『私も譲るから、貴方も譲ってください』と半分づつ譲り合い、中をとって決める。日本人の典型的なやり方と言われる。結果にはどちらも責任をとらない。悪い結果が出ると、お互いに責任転嫁する。

③ 統合主義🌋

すべて【統】の意見を【合】わせて決める方法。決定プロセスを大事にする方法。
時間はかかり、疲れるが、結果に双方が大満足する。

課題により、【すべて】をどこまで広げるかが難しいが、企業であれば、パートさん、行政問題であれば、中学生からおじいちゃん、おばあゃんまでだろう。
………………………………
💖貴方の会社、貴方の地域はいかが?
F B Fの会社、団体、地域の発展をお祈りいたします。

六次産業化を目指そう❗ ……………………………… 🌱 新・新農業時代の幕開け

………………………………
🍀 平成27年度の農業生産事業の年間総販売額は、前年度比5.4%増になった。

🌿 六次産業化・地産地消法が公布された平成22年度と比較すると、18.4%の伸びで、農産物直売所は、22%の増加である。
漁業事業も7.6%増加である。

🍃 この背景には、【和食】が、平成25年にユネスコ無形文化遺産に登録されたこと、それを『食べに来てくれる外国人が増えた』こと、国際的に和食ブームが浸透していることが主な原因である。
更に、行政の農産物輸出奨励、強化が後押ししている。

🌾 農水省の昨年3月の食料
・農業・農村計画書には、食料生産の重要かつ必要性、及びその施策、支援が仔細に述べられている。
極めて充実した内容である。
………………………………
🌴 耕作放棄地約40万㌶、遊休農地約10万㌶。この違いはまいまいな点も多いが、遊休農地と言っても、耕作放棄地になる公算が大きい。

つまり、農作物が作れる土地は、千葉県の面積に近い。
日本全国いっぱいある
………………………………
さあ、新・新農業=六次産業化を目指して、農業に挑戦しようやれば出来る
………………………………
🌋興味のある方は、都道府県の【地域振興課】、【新規就農相談室】等へ駆け込みましょう(私へ直接も可)
………………………………
《注》六次産業化とは、一次、二次、三次産業を掛け算すると六次になる意味で、農産物を作るだけでなく、加工、販売もし農家の所得向上を図る戦術。又は加工、販売事業者と手を組み、新たな商品を産み出そうとする戦術。

食品安全の追求に終わりはない❗ 🌏 ISO22000・HACCP・JGAPの認証取得で国際戦略を加速度化

………………………………………
🍱 人間の三大本能は、食欲、睡欲、性欲が定説である。
人間の生活基板は、衣、食、住。
どちらにも【食】があり、食べて行かなきゃ生きられない。

🍻 毎日、楽しく読ませていただいている F B F の投稿も半数以上は、飲み食いの記事で、そうでなくても【食】の写真が載っている場合もあり、それらを含めると約80%の記事に【食】が絡んでいる。

🍰 お陰で、食音痴の私には、こんな料理があるのかと、大変勉強になることばかりである。F B F の中には、その道のプロは勿論、かなりの食通の人も多い。珍しい会食がある時は、有料でいいから仲間にいれて誘ってもらいたいものだ。(笑)
………………………………………
🍙 しかし、その原料を生産する人、加工する人、料理する人、料理を提供する人達には、厳しい安全衛生の要求が高まっている。

🍬 農産生産者は、JGAP。食品製造事業は、HACCP又はISO22000の管理手法を定めた規格の取得奨励である。認証取得を義務化する国も多くなってきた。

🍝 認証取得して、輸出が加速度的に伸びた企業も多くなってきた。
和食ブームも後押しし、輸出額も政府の予想を越え、1兆円に近づこうとしている。

🍛 原材料の原産地表示も厳格に義務化される。
しかし、3つの管理の原理原則は、
整理、整頓、清潔、清掃、躾の
5Sである。まず、ここから。
………………………………………
食品安全の追求には終わりはない。
食は命。医食同源。
………………………………………
《参考》
①JGAP:Japan Good Agricultural Practice 農産物の品質管理
②HACCP:Hazard Analysis Critical Control Point 危害分析重要管理点
③ISO22000:食品安全管理システム…生産から食卓までの食品危害を防ぐ仕組み作り
…………………………………………
写真 静岡県磐田市の【しま崎】。
綺麗な料理屋である。

生き残る企業… 🌋 新 経 営 戦 略 🌋その27

………………………………………
リーダーの使命と人間力
V・ファーレンを救った高田社長
………………………………………
 140万人ちょっとの長崎県に、 J 1が生まれた。V・フアーレン長崎。

今、長崎県全土が歓喜に溢れ、どこに行っても、この話ばかり。
そして最後は、3億円以上の返済を肩代わりし、倒産から救ったジャパネットたかたの創業者、高田明(70才 写真中)への感謝、感謝である。
………………………………………
高田明は、長崎県平戸市のカメラ屋の息子から、通販の波を予知し、巧みに掴み、持ち前の熱意で、瞬く間に、通販王になった。

しかし、彼の心底は、郷土愛が深く、地方創成の言葉が生まれる前から、造船、米軍の町、佐世保市(人口約25万人)の活性化を図る思いが強かった。ジャパネットたかたが全国区になっても、本社は佐世保市内に構えている。
………………………………………
高田明がもっと凄いのは、今を生きる楽しさを基本とし、100年企業を目指していることである。
社員との一体感経営、地元貢献姿勢は有名である。

ジャパネットたかたは、長年、V・ファーレンのスポンサーであったが、それは郷土愛からで、高田はサッカーのことは当時は殆ど知らなかった。
………………………………
しかし、同クラブが消滅寸前の時に、息子である現社長の高田旭人が、父である明へ事情を話し、同クラブの社長を引き受けた。クラブが出来てから5代目の社長である。

以来、監督との信頼関係もいっそう深まり、破竹の連勝で J 2 の上位に上り、熾烈な J 1 獲得合戦を制覇して、J 1 を勝ち取った。

その根底には、明と旭人の親子愛も太く関係していると言ってよい。
J 1 への昇格は、高田明の全方位的な【人間力】の結果と言える。
………………………………………
【参考】ブイファーレンは、ポルトガル語で、勝利の意味。高田明の郷土の平戸市は、鎖国前のポルトガルとの国際貿易港だった。(私は長崎市出身で、平戸市に親戚が多い(笑)

車と宇宙航空の絶対的品質保証 🚕I A T F 16949 と✈ J I S Q 9100

………………………………………
🚕 自動車は、無人化が進み、正に【自分で動く車】である。オートモービルを自動車と訳した人は、それを見通していたのだろうか。

 宇宙航空は、各国とも国家プロジェクトで進められてきたが、日本も含め先進国では、宇宙と言えども身近なものになってきた。

🚕自動車も、宇宙航空も、絶対的安全の品質保証が必要不可欠の乗り物である。
その保証道具として、2つの規格が出来、先進を目指す企業の課題となっている。

① 自動車用……I A T F 16949
② 宇宙航空用…J I S Q 9100
………………………………
🌏この規格は、いずれもISO9001に《安全性への課題が追加》されているものであり、安全を意識すれば、そんなに難しいものではない。

🌏設計や品質管理の担当者は、知っていると思われる、
《 F M E A 下記》の手法、考え方が追加されていると言ってもよい。

🌏食品関連産業も含め、あらゆるモノやコトの国際流通が盛んになり、安全・安心の追求がより高まってきている。

🚨自動車🚗、宇宙航空製品の製造を続ける企業、目指す企業は、IATF16949、JISQ9100
の認証取得は、大きな経営戦略の武器になると言える。
………………………………
FMEA (Failure Modo and Effect Analysis 故障モード影響解析)故障を予測し、未然にそれを除去する手法で、宇宙産業の発展と平行して生まれた。食品関連保証手段のHACCPもここから出来た。

生き残る企業🐻 🐔 新 経 営 戦 略 🐤その26

………………………………
🚨情報収集はface to faceが基本🚨
………………………………
 あらゆる事業の基本的な経営戦略は2つである。

1.新商品(サービス)開発戦略
2.新顧客開拓戦略

 これらが停滞したり、行き詰まると苦境に追い込まれる。
同じ商品、同じサービスが長く続くと飽きられ、既存客も離れて行く。
新しい顧客の確保も難しい。
………………………………
 新商品と新顧客は、深い関係にある。新商品がないと新顧客開拓は難しく、新顧客開拓する場合は、新商品を用意しなければならない。

 新商品開発は、多方面からの情報収集を行い、その分析をし、ターゲットやコンセプトを決め、商品作りをする。
新商品の成功、失敗の差は、集めたデータの真偽と、その分析力の差と言ってもよい。
………………………………………
 データの取り方はたくさんあるが、多いのが紙やネットのアンケート式。しかし、商品を買った人のデータは取りやすいが、買わなかった人のデータを集めるのは難しい。

 買った人のデータでも、次も買ってくれるか、他の人にも買うように薦めてくれるかも知りたい。
アンケートの質をあげることが大切である。しかし、それを集計し、グラフ化しても、それだけでは判断は難しい。

 従って、いろいろな統計学手法を用いて、データ解析をし、推定検定をしようとする。
これは殆ど公式化しているので、誰でも同じ結果を導き出せる。

 しかし、統計学を駆使して、まとめたとしても、初期に集めたデータの取り方に問題があれば、まったく意味がない。
真のデータが得られなければ、新商品開発は空振りに終わる。

 商品開発のためのデータは、足で探すのが一番である。
現場に出掛け、生の声を直接聞くことである。

一万人のアンケート用紙の結果より、百人の生の声が正しい。
face to faceが鉄則である。

《参考》紙によるアンケートの信頼性は、50~70%。嘘のデータを掴んでいる場合も多い。

やさしい🏮 🎈集 客 戦 略 🎈その45

………………………………………
客の進化…見込み客可能客固定客紹介客

(業種や規模により当てはまらない場合があります)
………………………………………
《 イ ベ ン ト(event)》
…学生、留学生を活かせ…

🎈 イベントの大流行である。
個人、法人、役所、学校、地域など、毎日、どこかで何かが行われている。種類も内容も賑やかで、イベント好きな者は体がいくつあっても足らない。

🎈 イベントは、一般的には、【催し物】と呼ばれるが、語源は【重要な出来事のために行く、来る】。
言い換えると、行きたくなる気持ちを起こさせる出来事、演出を仕掛けなければならない。

🎈 イベントは、定期的なものと不定期なものに分けられるが、定期的なものはマンネリ化にならないような工夫が大切である。
前回より集客が減ってはならない。

🎈 しかし、行って見て、『おおー』と感動するイベントと、集客が淋しい、ガッカリ落胆するイベントがある。この差は何か?

🎈 イベントには、その集客目玉も重要であるが、小規模イベントでは、有名タレントや高額な景品の準備も難しい。
従って、関係者全員が知恵を絞り、自前の目玉や景品を作り上げることである。

🎈 その一例だけをあげると、地域の大学生、高校生、或いは中学生に競わせ、準備するのも面白い。
留学生も多くなっているので、彼らにも協力を呼び掛けると喜んで協力してくれる。経費はほとんど…。